ネットでの突き当たりそびれ

時機あたいは総合的なオンラインゲームサイトでパズル遊戯中心に遊んでいたのですが
合戦形式の遊戯やお喋りもあったので、徐々に顔見知りもできて常々楽しんでいました。
やがて繋がり顔見知りからWEB仲間という感じになって出向くそれぞれも出てきて、
お互いのメイルを授ける合い電話で話すようになったそれぞれもいました。
頭数は少なくほとんどがレディースだったのですが、その中でとても仲良くなった男性がいました。
恋人はいる方面が遠かったのですが、世代も傍話していても楽しく気づけば常々何度も押し問答をする繋がりに。
WEBじゃないと必要知り合う要素なんてなかったねーなんてよく話していました。
そのうちフォトの受け渡しを通じて、ちょっと甘い基盤になり会いたいという話にも…。
そうして、電話で告白されました。
恋人とお付き合いをしたいという気持ちはあたいにもありました。
でもまだ実に会った事もないそれぞれです。
恋人がどんな人かはもちろん気になりましたが、それ以上に実に会って恋人があたいを気に入らなかったらどうしようかと苦痛。
謙虚な考えを伝えて、一度会ってからでもあたいを想って得るならもう一度申し込んで欲しいとお願いしました。
でも、お互いの仕事の関係でなかなか会うのも難しくそのうち疎遠になってしまいました。
あのチャンスアリしていたら、もしくは無理してでも会っていたらどうなっていたのかな?としばらくは自責しっぱなしでした。datsumou-concierge.com/%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%82%B5%E3%83%AD%E3%83%B3/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%8D%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E5%85%A8%E8%BA%AB%E8%84%B1%E6%AF%9B.html